女性の性器ヘルペス

性器ヘルペスは、感染してから4日〜10日ほどの潜伏期間の後に発症します。これは急性型といわれ、感染して最初に症状が出た時は、高熱が出ることもあり、女性の場合は外陰部に多数の水泡ができます。水泡がつぶれると粘膜がただれ、排尿の時にしみて飛び上がるほどの痛みを感じます。

最初の症状が治まると、ウイルスは骨盤の中の陰部神経節にもぐりこんで、一生そこに住み着いて、体力が落ちると何度も再発します。ところが誘発型といって、知らないうちに感染し、症状が出ないまま潜伏していたウイルスが、何らかの原因で再活性化されて発症する場合があります。

誘発される原因としては、抗生物質などの薬を服用していたり、病気にかかって免疫力が落ちたり、疲労やストレスがたまっているなどが上げられます。この場合、思い当たることもなく身に覚えもないので、性器ヘルペスだと思わずに、自分で間違った治療をしてしまうことがあります。

女性の場合は皮膚ではなく、デリケートな部分の粘膜に症状が出るため、再発の場合でも男性の性器ヘルペスよりも痛みや不快感がより強く現れます。

性器ヘルペスは、恥ずかしさとともに、「浮気」や「不倫」などあまり良いイメージがないこともあって、病院に行くのをためらう人も多いのですが、女性の場合には、赤ちゃんにも影響を与えてしまうので、必ず病院で治療をすることが大切です。


NOZZE