アトピー体質と口唇ヘルペス

健康な人であれば、口唇ヘルペスが重症化することはあまりありませんが、皮膚の免疫力が低下していると、水泡が唇以外のところまで広がっていきます。

特にアトピー性皮膚炎がある人の場合は、皮膚のバリア機能が低下しているので、乾燥しやすい状態にあります。そこに口唇ヘルペスが発症すると、ウイルスの感染が広がって、顔全体や口の中の粘膜にまで水泡が広がり、治りにくくなります。

最近、大人のアトピー性皮膚炎が非常に増えてきています。大人は過労やストレスなどで免疫力が低下することが多く、また女性は隠そうとしてファンデーションを塗って広げてしまうので、細菌感染を起こしてしまいます。また男性はひげをそる時に水泡を潰してしまい広げてしまうので、悪化させることもよくあります。

アトピー性皮膚炎があって皮膚が敏感な人は、ヘルペスの症状が出ていない時も口の周りや口の中を清潔にして、睡眠不足や日焼けなどを避けるようにしましょう。

また、口唇ヘルペスをアトピー性皮膚炎の湿疹の悪化だと思い込み、ステロイド薬などで治療を続けていたために、かえって悪化するケースもあります。特に「カポジ水痘様発疹症」は、アトピー性皮膚炎の人に起こりやすく、放置しておくと全身に感染が拡大してしまうこともあります。


NOZZE