単純ヘルペスの特徴

口唇ヘルペスや性器ヘルペスの原因になる単純ヘルペスには、1型と2型が存在します。ウイルスは体内に入り込み、その細胞を利用して増殖していきます。ヘルペスウイルスは、普段はじっと潜伏しているのですが、宿主が弱ってくると活動を再開します。現在確認されている人のヘルペスウイルスは8種類で、それぞれ特有の病気を引き起こします。

単純ヘルペスのウイルスは、ごく当たり前に感染し、神経節に侵入して息をひそめてチャンスをうかがうところまでは帯状疱疹ウイルスと同じですが、何度も再発を繰り返すところが違っています。

単純ヘルペス1型は上半身に症状が現れることが多く、目の角膜、唇、顔面、手足などに出ます。単純ヘルペス2型は下半身に症状が現れることが多く、性器、肛門周辺、お尻や足の付け根に出ます。

単純ヘルペスは、感染して初めて症状が出た時には、水泡だけでなく発熱や痛み、リンパ節の腫れなどの強い症状が出ます。再発の場合は、最初の時に比べて比較的症状が軽いのが特徴です。

しかし2型ウイルスによる性器ヘルペスは頻繁に再発を繰り返します。特に女性の場合は粘膜に症状が出ると痛みや不快感が強いこと、そして妊娠や出産への影響があるため、見過ごすことはできません。


NOZZE